妊娠前置胎盤
帝王切開
未熟児出産
未熟児センター
退院まで
えっ!入院
未熟児検診
診察結果
訓練生活
母子通園施設
斜視 I
斜視 II
ゆっくり発達 I
ゆっくり発達 II
装具
保育園入園
ヘルニア?
これから...
色覚異常?
慣れる?!
足の手術 I
足の手術 II
PS.こんな話題

TopPage
  Home  

© 1999 mayumi



帝王切開の入院期間は、2週間です。この2週間の間、私は出産した赤ちゃん(のぶちん)には会えませんでした。主人に未熟児センターでの様子を聞いていました。そして、2週間後私は無事退院。主治医の先生からは、「異常無しです。何事もなければ、次は普通分娩で出産できます。輸血をしているので、6ヶ月間血液検査をして下さい。」とのことでした。(もちろん6ヶ月間まじめに検査を受けました。異常無しでいたって健康です。)
そしてのぶちんに会いに行く事にしました。初めてのご対面です。スリッパを履き替え、エプロンをし、手は消毒。やっと入室できます。主治医の先生にも会い、のぶちんの状態を聞く事にしました。未熟児での出産です、リスクはいろいろあるとのこと。免疫力が低い。肺機能が弱い。未熟児網膜症、脳波などなど、まだまだ危険な状態になる可能性があるということでした。そして、ご対面です。入院したばかりなので一番奥の方の保育器にいました。“うわぁ〜小さい”が第一印象です。主人が言うには、入院した頃は、人口呼吸のほかにもいろいろなチューブがついて、2週間が過ぎチューブもミルクを飲むチューブだけになったとのこと。未熟児センターでは、面会日記というのをつけています。看護婦さんは、毎日のぶちんの様子を書いてくれます。ミルクの量と体重とその日の様子などが書いてあります。完全看護で、面会時間が決まっているので、面会日記を読むのがとても楽しみでもありました。