妊娠前置胎盤
帝王切開
未熟児出産
未熟児センター
退院まで
えっ!入院
未熟児検診
診察結果
訓練生活
母子通園施設
斜視 I
斜視 II
ゆっくり発達 I
ゆっくり発達 II
装具
保育園入園
ヘルニア?
これから...
色覚異常?
慣れる?!
足の手術 I
足の手術 II
PS.こんな話題

TopPage
  Home  

© 1999 mayumi



’95年7月から、母子通園施設(あゆみ教室)に通う事にしました。
9:00〜午前中の時間は、あゆみで過ごす日が増えました。集まり、歌、体操、紙芝居、絵本、誕生日会などなど、保育園と同じような感じです。ひとつだけ違う所は、母と一緒に過ごすことです。1歳にして、集団生活の仲間入りをしました。この施設は、色々な悩みをかかえたお母さんとも、お話が出きる大切な場でもありました。そして、様々な障害のことを少しづつ、理解でき学べたと思います。楽しそうに通ってる、のぶちんを見てると、よかったって思います。
ただ、当たり前のことなんですが、集団生活1年目というのは、ありがたい(?)ことに、色々な病気をもらってきます。その上、気管支が弱かったのぶちんは、よ〜く風邪をひいたり、気管支がよく“ゼイゼイ”したりで、近くの小児科病院に、よく通いました(^_^;) 病院の先生となかよしののぶちんです。だから、初めての年は、お休みの日の方が多かったかナ。
この母子通園施設には、3年お世話になりました。本当は、お弁当も必要でしたが、あきぽんの保育園へ送って行き、そのまま、あゆみ教室に行ってたのと、お弁当を作ることで、毎日給食のあきぽんがやきもちを焼いてしまうので、お弁当作りはほとんど出来ませんでした。訓練の日と重なるとお休みで、お休みの日も多かったとは思いますが、この教室に通う事で、小さい頃から生活のパターンが出来た事はとてもよかったと思います。そして、同じように悩んでいるお母さんたちとも色んなお話が出来た事が、私にとって、とてもプラスになりました。仲よし母の仲良し定例会を今でもしてますし。。。。。